新版 教育課程論―カリキュラムマネジメント入門―


タイトル: 新版 教育課程論―カリキュラムマネジメント入門―
著者: 齋藤義雄 倉本哲男 野澤有希
大きさ: A5判
ページ数: 228頁
定価: 1,980 円(税込)
ISBN: ISBN978-4-909655-51-6
ネットショップ購入:

概要

本書は教員採用試験に出題されるような基礎的・基本的な内容をバランスよく網羅した内容をもつ。本文では、教員採用試験に出るような重要語句を太字で表示し、ポイントが把握しやすい。コラム欄では教採ナビを設け、試験勉強で復習するときのガイドとなる。また、新たに「学習指導要領」に加え、「幼稚園教育要領」を扱うことで、幼稚園教諭を目指す資格科目としても利用できる。さらに、学習指導要領のポイントでもある「育成すべき資質・能力」を明確に、教科等横断的な視点でカリキュラムを開発し、教育活動を展開していくことにも触れているため、現職の教員の研修用テキストにも活用できる。

目次

第1章 教育課程とは
 第1節 教育課程の定義
 第2節 教育課程の構造
 第3節 学習指導要領の改訂
 第4節 学校に基礎を置くカリキュラム開発
 コラム 教採ナビ 教育課程とは

第2章 力リキュラムの類型
 第1節 カリキュラムの基本類型
 第2節 なぜカリキュラムの類型が多様化しているか
 第3節 カリキュラムの多様性が求められる時代
 コラム よりみち ハイブリッド型カリキュラム
 コラム 教採ナビ カリキュラムの類型

第3章 教育課程に関する法制及び行政
 第1節 教育課程に関する法制
 第2節 教育課程に関する行政
 第3節 教科書検定制度
 コラム 教採ナビ 教育課程に関する法制及び行政

第4章 近代日本の教育課程
 第1節 近代期の黎明(明治期)
 第2節 大正自由教育
 第3節 国民学校
 コラム 教採ナビ 近代日本の教育課程

第5章 現代日本の教育課程 昭和編
 第1節 経験主義の影響(学習指導要領 試案)
 第2節 系統主義への転換(第2次改訂)
 第3節 教育の現代化(第3次改訂)
 第4節 教育の人間化(第4次改訂)
 コラム 教採ナビ 現代日本の教育課程 昭和編

第6章 現代日本の教育課程 平成編
 第1節 新学力観(第5次改訂)
 第2節 総合的な学習の時間(第6次改訂)
 第3節 確かな学力(2003年一部改訂)
 第4節 習得・活用・探究(第7次改訂)
 コラム 教採ナビ 現代日本の教育課程 平成編

第7章 学習指導要領の改訂(第8次改訂)
 第1節 学習指導要領の改訂(第8次改訂)
 第2節 高等学校学習指導要領の改訂
 第3節 特色
 第4節 課題
 学習指導要領前文
 コラム 教採ナビ 学習指導要領の改訂(第8次改訂)

第8章 幼稚園教育要領
 第1節 幼稚園教育要領
 第2節 幼稚園教育要領の改訂
 第3節 保育所と認定こども園の教育・保育
 コラム 幼稚園教育要領の改訂

第9章 学校に基礎を置くカリキュラム開発と(SBCD)カリキュラムマネジメント
 第1節 学校に基礎を置く経営(SBM)と学校に基礎を置くカリキュラム開発論
     (SBCD)
 第2節 日米におけるSBCDの検討
 コラム よりみち 教育課程編成理論
 コラム 教採ナビ カリキュラム開発とカリキュラムマネジメント

第10章 力リキュラム評価
 第1節 学校評価とカリキュラム評価の関係性
 第2節 カリキュラム評価の概念と内容
 第3節 評価の方法と逆向き設計
 コラム 教採ナビ カリキュラム評価

第11章 力リキュラムマネジメントの概念整理
 第1節 学習指導要領等の理念とカリキュラム・マネジメント
 第2節 学問的な見地からのカリキュラムマネジメント
 第3節 アメリカにおけるカリキュラムマネジメント
 第4節 我が国のカリキュラムマネジメントとレッスンスタディー

第12章 教科等横断とカリキュラム統合
 第1節 資質・能力を育成するための教科等横断
 第2節 教科等横断とカリキュラム統合

第13章 カリキュラムマネジメントのためのPDCAサイクル
 第1節 カリキュラムマネジメントの阻害要因
 第2節 カリキュラムマネジメントのツールとしてのPDCAサイクル
 第3節 PDCAサイクルをスパイラル型に動態化させる

第14章 カリキュラムマネジメントのためのCIPPサイクル
 第1節 カリキュラムマネジメントの改善指向
 第2節 改善の意思決定のためのCIPPサイクル

第15章 教職大学院におけるアクションリサーチ
     ―研究主任のリーダーシップとカリキュラムマネジメント―
 第1節 教職大学院における「理論と実践の融合・往還」論
 第2節 アクションリサーチによる「理論と実践の融合・往還」の指導
 第3節 結語(終わりに)

第16章 「社会に開かれた教育課程」とカリキュラムマネジメント
     ―Service−learningの展開―
 第1節 サービス・ラーニング論―社会に開かれた教育課程の視点から―
 第2節 Service−Learning実践とカリキュラムマネジメント
 第3節 終わりに
 コラム 反省的実践家のカリキュラムマネジメントの実践事例

第17章 カリキュラムマネジメントの国際的展開
     ―レッスン・スタディーとナレッジ・リーダーシップの視点から―
 第1節 レッスン・スタディーとナレッジ・マネジメント(SEClモデル)
 第2節 レッスン・スタディーとナレッジ・リーダーシップの事例考察
 第3節 結語(終わりに)

教採ナビの正解

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ