教育実務センター|教育関係図書・生涯学習図書

お薦め書籍情報

子どものために明るい未来の日本を目指しついに新発売!!
子どもに大好評!
教育実務センター
教育実務センター
教育実務センター
教育実務センター

子どもと楽しむあそびシリーズ全2巻セット組

A4変型・各96頁・4800円
片岡輝監修 吉村温子著
皆様のご要望にお応えして、人気シリーズである「子どもと楽しむあそびシリーズ」の「1週間の歌あそび」と「季節の歌あそび」を2巻セット組で販売。子どもの育児・教育のための活発なコミュニケーション役立つと大変好評なシリーズです。
購入はこちら

プロが教える人を引きつける話し方

イメージ拡大

子どもと楽しむあそびシリーズ
1週間の歌あそび
A4変型・96頁・2400円
片岡輝監修 吉村温子著
「歌あそび」の本。手あそび、模倣あそび、表現あそびなどを楽しめる全22曲を絵本感覚で紹介、子どもたちの1週間の気分を曲で表現した他には類を見ない絵本です。
すべてのあそび方をかわいらしいイラストでわかりやすく解説。
購入はこちら
もくじ  
月曜日 01 じゃんけんウィークリー!
02 手をつなごう     
03 前ならえ!
火曜日 04 Waになってあそぼう!!
05 しぃ~の子もりうた
06 おさんぽルンルン
水曜日

07 手あわせトントンパ!
08 茶つぼ
09 かたづけチャオ!
10 こんなにできるよ!

木曜日 11 大きくなったらなんになろう
12 まっていました!
13 歯みがきソング!!!
金曜日 14 あ・い・う・え・お! であそぼう
15 トイレにいってトイレ!
16 バイ・バイ・バイ
土曜日 17 1・2・3
18 おふねをこぎましょう
19 くっつきぼうずを知ってるかい?
日曜日 20 にん・にん・にんじゃ
21 お手つだいブギ
22 きょうもいい笑顔

プロが教える人を引きつける話し方

イメージ拡大

子どもと楽しむあそびシリーズ
季節の歌あそび
A4変型・96頁・2400円
片岡輝監修 吉村温子著
子どもたちの身近にある四季の自然や、生活の中に根付いている季節の行事をテーマにしたわらべ歌やあそび歌全21曲を絵本感覚で紹介。1人でできるものから、2人、大勢で行うあそび方までイラスト入りでわかりやすく解説。
購入はこちら
もくじ  
巻頭特集 01 とんでったバナナ
春Spring 02 たけのこドン!
03 小さな畑をたがやして
04 キャベツを植えよう
05 にょきにょきズンズンズン
06
はじめまして! 調子はいかが?
夏Summer 07 手でお天気
08 スイカの名産地
09 でんでん虫のかたつむり
10 じゃんけん電車
秋Autumn 11 十五夜さんのもちつき
12 はらはらくっついた
13 大きなくりの木の下で
14 大型バス
15 がんばれ1組
冬Winter 16 ごしごしロックンロール
17 友だちまんじゅう
18 風になれ       
19 友だちさわろう!
20 サンタのわすれもの
21
さよならさんかく またきてしかく

ふくしと教育

イメージ拡大

「ふくしと教育」通巻22号 17年2月発行 B5・52頁・定価620円
年2回発行/8・2月(年間購読料1240円税・送料込)
特集/七・二六(相模原殺傷)事件を考える
<巻頭言>私たちは何を問われたのだろうか

  • 当事者性の交差を生む実践の実質化を 
  • 障害のある子の親の立場から考える
  • 事件と行政の取組み
  • 地域社会の在り方、障害のある地域での暮らし
  • 事件が問いかける意味とは
  • 事件と福祉教育の使命
  • 学校教育などから共生社会の在り方を考える
  • 施設などいくつかの疑問の中で

<福祉教育事例特集>

  • ビッグママ・プロジェクトの活動
  • 中高生は「社会に貢献する」ことで何を学ぶか
  • 緑地をフィールドにした豊かなコミュニティ形成を目指す
  • 宮城で取り組む福祉・防災学習
購入はこちら

ふくしと教育

イメージ拡大

「ふくしと教育」通巻21号 16年8月発行 B5・52頁・定価620円
年2回発行/8・2月(年間購読料1240円税・送料込)
特集/総合事業の推進と住民主体の地域づくり
<巻頭言>地域における総合事業の推進と住民主体

  • 総合事業の基礎知識と推進の課題
  • 「まなびあい」から「まちかどほっと歓事業」へ
  • すみた輪(和)っこプランと住民主体の総合事業への取組み
  • 人づくり・地域づくりから生まれる能美市社協における総合事業推進の実際
  • 0歳から100歳の地域包括ケアのまちづくりに向けて

<福祉教育事例特集>

  • 地域と小学校が一体推進する福祉教育
  • 人間的な成長・地域のためにもボランティア活動の充実に向けて
  • 地域との距離を縮めるプロジェクト
購入はこちら


『高校生活指導』

イメージ拡大

高校生活指導<204号>
A5判・132頁・1200円

 全国高校生活指導研究協議会(高生研)編集 A5判・132頁・1200円(本体)
  高校生を市民にする実践を発信しています。
  特集1「ここが楽しい!教師の仕事」。HR担任の「楽しさ」「やりがい」とは/HRづくりの中で味わう教師の「やりがい」/生徒・保護者・教師が繋がるクラスづくり/「楽しさ」を生徒と追求する難しさ/他。

 特集2「今、部活動をどうする?」。部活動指導の苦しみ・喜び/帰宅部の私が部活動の指導者になって取り組んだこと/部活動顧問を離れて/部活動の2つの顔~強制と過熱から考える/他。
家族まるごと支援プロジェクト/家出のすすめ~家族って何だ?~/誰もが幸せに生きられる<家族>を模索する/今、「近代家族」が何が問題なのか~憲法24条破壊問題とのかかわりで~(岡野八代講演記録)/他。

購入はこちら

『高校生活指導』

イメージ拡大

高校生活指導<203号>
A5判・132頁・1200円
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)編集 A5判・132頁・1200円(本体)
  高校生を市民にする実践を発信しています。
  特集1「検証!アクティブ・ラーニング」。対話的・創造的に学ぶ地歴の授業/暗闇の中での授業~美術のアクティブ・ラーニング/アクティブ・ラーニングの可能性と危機。/他。
  特集2「『多様な家族』と学校教育」。子どもや保護者の生活現実から、改めて「家族とは何か」を考える。 家族まるごと支援プロジェクト/家出のすすめ~家族って何だ?~/誰もが幸せに生きられる<家族>を模索する/今、「近代家族」が何が問題なのか~憲法24条破壊問題とのかかわりで~(岡野八代講演記録)/他。
購入はこちら

『高校生活指導』

イメージ拡大

高校生活指導<202号>
A5判・132頁・1200円
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)編集 A5判・132頁・1200円(本体)
  18歳を市民にする高校教育のあり方を発信しています。特集1「性の多様性と学校教育」。発達障害やさまざまな生きづらさを抱えた生徒と同様、性に多様性を学ぶことは、どの生徒にとっても生きやすい学校や社会をつくるために不可欠。多様な性を生きる当事者の声、性の多様性にかかわる実践、教育論文等から性の多様性を学ぶ。
  特集2「教育における政治的多様性とは」。教育現場における政治的中立性をどう担保するか。特集では、模擬投票実践、平和教育実践、生徒会実践等から政治的中立性とは何かを明らかにする。
購入はこちら

『高校生活指導』

イメージ拡大

高校生活指導<201号>
A5判・132頁・1200円
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)編集 A5判・132頁・1200円(本体)
  18歳を市民にする高校教育のあり方を発信しています。特集1「18歳選挙権と政治教育」。いよいよ18歳選挙権が実施されます。学校生活の中に政治教育をどうつくっていくか。日常生活にある政治への取り組みから社会づくりへの参加まで実践をもとにさぐる。
  特集2「『なめられる』教師が教育の新たな地平をひらく」。生徒と対等に関わろうとして図らずも生徒からうけてしまう抑圧的な状態を侮蔑的に「なめられる」という。そんな教師にも明日からの実践に勇気と自信を与えてくれる特集。
購入はこちら

『高校生活指導』

イメージ拡大

高校生活指導<200号>
A5判・132頁・1200円
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)編集 A5判・132頁・1200円(本体)
  18歳を市民にする高校教育のあり方を発信しています。特集1「生徒の声を聞き取ることから」。いま学校は、「生徒の声を聞く」という当たり前のことができない状況だ。実践を通して生徒の声を聞き取る意義と課題を明らかにした。特集2「ジェンダー視点で高校教育を考える」。学校が日本社会のジェンダーバイアスを再生産していないか。3つの実践から学校カリキュラム改革のヒントを探る。
購入はこちら

『高校生活指導』

イメージ拡大

高校生活指導<199号>
A5判・132頁・1200円
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)編集 A5判・132頁・1200円(本体)
  18歳を市民にする高校教育のあり方を発信しています。特集1は「教師と生徒の『息苦しさ』を開く」。ゼロトレランス的な生徒指導の手法が教育現場に入り込んできた。周囲の評価にすくみ、息苦しさにあえぐ教師たち。この「息苦しさ」を開く鍵を探る。特集2は「生徒たちの中の3・11」。3・11はどう意味づけられているか。その意味付けや学びが未来にどんな影響を与えているか。具体的実践を通して検証する。
購入はこちら