社会福祉の理論と実践課題


タイトル 社会福祉の理論と実践課題
著者 伊藤 秀樹
大きさ B5判
ページ数 136頁
定価 1,512 円(税込)
ISBN ISBN978-4-907166-24-3
ネットショップ購入

概要

社会福祉を目指す学生を対象に、社会福祉の目的や対象を法律などの文言だけでなく、歴史を通して再認識したうえで、利用者、入居者、地域住民の生活理解に基づく問題の解決や自己実現に向けた支援ができるソーシャルワーカーの育成を目指し刊行された。

目次

第1章 相談援助の基盤と専門職
第1節 福祉専門職の役割と意義
第2節 相談援助の理念(権利擁護の意義を含む)
第3節 福祉専門職と倫理綱領
第2章 相談援助の理論と方法
第1節 ソーシャルワークとその歴史
第2節 相談援助の過程
第3節 相談援助の実践(事例)
第3章 老人福祉論
第1節 高齢者を取り巻く社会情勢と生活の現状
第2節 高齢者福祉制度(老人福祉法、介護保険法等)
第3節 高齢者の虐待防止・雇用の促進
第4章 児童福祉論
第1節 児童を取り巻く社会情勢と生活の現状
第2節 児童福祉制度(児童福祉法、児童虐待防止法ほか)
第3節 児童家庭福祉の課題
第5章 障害者福祉論
第1節 障害者の生活を分析する視点
第2節 障害者を取り巻く社会情勢と生活の現状
第3節 障害者総合支援法
第4節 障害者の虐待防止
第5節 雇用の促進
第6章 地域福祉論
第1節 地域福祉の理論
第2節 地域福祉の推進方法
第3節 地域福祉の課題
第4節 地域福祉の今後
第7章 社会保障論
第1節 現代社会と社会保障制度
第2節 社会保障制度の体系
第3節 年金保険制度
第4節 医療保険制度
第8章 生活保護制度と貧困者への支援
第1節 生活保護制度の概要
第2節 生活保護制度の現状と実践事例
第3節 生活保護制度の課題
第9章 介護福祉論
第1節 介護福祉の概念
第2節 介護福祉現場一在宅介護一
第3節 介護福祉現場一施設介護一
第10章 権利擁護と成年後見制度
第11章 更生保護制度
第1節 更生保護制度の概要
第2節 更生保護制度の担い手
第3節 更生保護制度における関係機関・団体との連携
第12章 スクールソーシャルワーク論
第1節 スクールソーシャルワークの現状と問題点
第2節 スクールソーシャルワークの実践(事例)
第3節 スクールソーシャルワークの課題
第13章 医療ソーシャルワーク論
第1節 医療ソーシャルワークの対象
第2節 医療ソーシャルワークの展開
第3節 医療ソーシャルワークの課題

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ