保育者養成実習事後学習


タイトル 保育者養成実習事後学習
著者 上村麻郁・他
大きさ B5判
ページ数 88頁
定価 1,836 円(税込)
ISBN ISBN978-4-903060-79-8
ネットショップ購入

概要

保育士、幼稚園教諭を目指す学生、新任保育者を対象に、保育・教育実習、現場での保育体験の「振り返り」に焦点をあてたテキスト。保育体験で身に付けた知識・技術、反省点、今後の課題などをワークシートやエピソード(事例)の「振り返りで」の実践で身につく。

目次

第1章・事後学習はなぜ大切なのでしょうか?
1-振り返り(省察)とは?
2-実習課題を見直してみよう!
3-自己覚知とは
4-新たな課題を見つけよう
5―本書における事後学習の目的
第2章・保育実習の事後学習
1-保育実習Ⅰの事後学習
2-保育実習Ⅱ・Ⅲを終えて-今後の専門職としての課題に向けての事後学習
第3章・幼稚園教育実習の事後学習
1―幼稚園教育実習を終えて
2―幼稚園教育実習の学習成果を明らかにする
第4章・エピソード(事例)を題材として実習を振り返る
1-エピソード(事例)を題材として援助活動、子どもの行動を分析する
第5章・倫理について考える
1-倫理綱領を頭に入れながら行動するということ
2-倫理綱領の8項目の質問に答える
3-自分の考えについてグループで話し合う
4-倫理綱領の8項目を解く
第6章・日々の実習振り返りによる実習生の育ち
1-ある実習生の日誌から―実習生はいかに実習を乗り越えるのか
2-実習の概要
3-実習日誌における振り返り
4-おわりに―実習生の育ちと、保育者の育ちと、子どもの育ちと

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ