保育の心理学-Ⅱ-


タイトル 保育の心理学-Ⅱ-
著者 蓮見 元子
大きさ B5判
ページ数 136頁
定価 2,160 円(税込)
ISBN ISBN978-4-907166-22-9
ネットショップ購入

概要

心理学Ⅱでは、子どもの発達を理解して、それぞれの発達段階にあった保育をすすめていくために必用な考え方が示されている。子どもの生涯に与える影響の大きさを自覚し、子どもを愛おしみ、理解し、保育者としての専門性を養う大きな力となる。

目次

第1章 子どもの発達と保育実践
第1節 子どもの理解における発達の把握と保育実践
第2節 自己主張と自己統制
第3節 生涯にわたる生きる力の基礎を培う
第2章 子どもの発達と保育の環境
第1節 環境としての保育者と子どもの発達
第2節 子ども相互の関わりと関係作リ
第3節 子ども集団と保育の環境
第3章 個人差や発達過程に応じた関わりと援助
第1節 発達を見る方法
第2節 知能検査・発達検査
第3節 個人差や発達過程に応じた保育
第4章 生活や遊びを通した学びの過程と発達援助
第1節 身体感覚を伴う多様な経験との相互作用
第2節 子どもの生活と学びの過程と発達援助
第3節 子どもの遊びと学びの過程と発達援助
第5章 保育における発達援助
第1節 基本的生活習慣の獲得と発達援助
第2節 自己の主体性の形成と発達援助
第3節 発達の連続性と就学への支援
第6章 子どもの発達と保育の問題
第1節 発達援助における連携と協働
第2節 地域における子どもの発達支援
第3節 現代社会における子どもの発達と保育の問題

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ