[新版]乳児保育


タイトル [新版]乳児保育
著者 咲間まり子
大きさ B5判
ページ数 104頁
定価 1,836 円(税込)
ISBN ISBN978-4-907166-73-1
ネットショップ購入

概要

保育士養成課程の必修科目である「乳児保育」は、児童福祉施設における3歳児未満児の保育について学ぶ科目である。保育者養成にたずさわった者ならではの理論と実践を結び、写真や図も多用して、乳児保育の実践力を養っていく学生にはわかりやすく理解できるように構成されている。

目次

第1部 乳児の理解

第1章 乳児のからだの育ち

第1節 発育の特性
第2節 乳児の生理の特徴
第3節 運動の特性

第2章 乳児のこころの育ち

第1節 情緒の発達の特性
第2節 社会性の発達の特性
第3節 認知の発達の特性
第4節 言葉の発達の特性
第5節 こころの育ちの課題

第2部 乳児保育の専門性

第3章 乳児保育と新保育所保育指針

第1節 養護と教育を一体化に行う乳児保育
第2節 乳児期に大切な傾聴と受容の大切さ(応答的な対応について)
第3節 乳児及び1歳以上3歳未満児の保育ポイント

第4章 乳児保育における保育者の援助と支援

第1節 発達の特徴と乳児の姿と保育者のあり方
第2節 保育者はよいモデルになること(模倣と成長)
第3節 正しい支援と援助の積み重ねが成長を育む

第5章 乳児保育の現状

第1節 3歳未満児の生活の場
第2節 3歳未満児の保育の場
第3節 乳児保育の現状における諸問題

第6章 保育所における乳児保育

第1節 「養護」と「教育」を行う場である保育所
第2節 保育所における環境
第3節 保育所における乳児の生活「デイリープログラム」
第4節 保育所における保育士の体制
第5節「保育者の支援・指導」「地域の子育て支援」を行う場である保育所

第7章 施設における乳児保育

第1節 社会的養護とは
第2節 乳児院の役割と理念
第3節 乳児院の運営
第4節 乳児院の生活

第8章 子どもの特性に応じた保育

第1節 乳児期の発達に関する特性
第2節 特別な特性がある乳児に対する保育
第3節 統合保育について

第9章 乳児保育における健康支援・安全

第1節 保育園で行う健康状態の把握
第2節 保育園でよく見る感染症
第3節 乳児とアレルギー
第4節 乳児の安全な環境と衛生管理
第5節 災害への備え

第10章 乳児保育における保護者支援・子育て支援

第1節 保育所における子育て支援
第2節 保育所を利用している保護者に対する子育て支援
第3節 地域の保護者などに対する子育て支援

第3部 乳児保育の実践

第11章 乳児保育における生活

第1節 乳児保育における生活を考える
第2節 発達を踏まえた生活における配慮

第12章 乳児保育における遊び

第1節 乳児保育における遊び
第2節 生後6ヶ月未満児の遊び
第3節 生後6ヶ月~1歳3ヶ月未満のころの遊び
第4節 生後1歳3ヶ月~2歳ころの遊び

第13章 乳児保育における保育の計画

第1節 全体的な計画と指導計画
第2節 乳児保育における計画
第3節 立案の実際

第14章 乳児保育における観察・記録・評価

第1節 エピソード記録とは何か
第2節 エピソード記録と経過記録の違い
第3節 エピソード記録を描いてみよう

第15 章 乳児から幼児へ

第1節 乳児期を基盤にして
第2節 改定保育所保育指針の考え方
トピック 乳児のあそび第1部 乳児の理解

 

 

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ